YAMAHA クラビノーバ CLP-440C - 修理事例

鍵盤楽器の修理・調律、音響機器の修理・メンテナンス、音楽教室(ピアノ)

YAMAHA クラビノーバ CLP-440C

YAMAHA CLP-440C 2013年製

指にしっくりとなじむ象牙調仕上げの弾き心地。
新世代のピアノ音源「リアル・グランド・エクスプレッション(RGE)音源」を採用。
ボリューム感ある音をクリアに響かせる2wayスピーカー。

オーバーホールの様子
  1. 電源を入れて、各ボタンの点検や動作確認を行います。
  2. 本体から鍵盤ユニットを取り外し、エアーダスター等でホコリを除去するともに 内部の汚れはアルコールを使用して拭き取ります。
  3. 鍵盤クッションの側面部の様子です。
  4. 使用済みと新品を並べて比較すると、劣化しているのがよくわかります。
  5. 故障の原因としてもっとも多い異物混入など無いか、念入りに点検します。
  6. 鍵盤のセンサー部分です。
  7. 基盤や配線も不具合がないか確認します。
  8. ペダルもピカピカに磨き上げます。
  9. 外面部分も細かい傷など点検を行い、清掃を行います。
  10. 左側板の傷補修を行いました。
  11. 天屋根角部分の傷補修を行いました。
  12. 背面部分です、全ての作業完了です。