YAMAHA クラビノーバ CLP-230C - 修理事例

鍵盤楽器の修理・調律、音響機器の修理・メンテナンス、音楽教室(ピアノ)

YAMAHA クラビノーバ CLP-230C

YAMAHA CLP-230 2008年発売

さらに進化したタッチと表現力-「グレードハンマー3(GH3)鍵盤」。
88鍵のひとつひとつに、3つのセンサーをもつ新機構が「高速での同音連打」を実現し、高度な演奏表現まで可能に。
ステレオサンプリングによる自然なピアノ音色。演奏の楽しみが広がるベーシックモデル。

オーバーホールの様子
  1. CLP-230の全体画像です。
  2. 鍵盤部分の内部も細かくチェック・クリーニングを行います。
  3. 内部もチェックします、異常は見られませんでした。
  4. 鍵盤上下クッションの新品と使用済みのものです。
  5. 劣化がひどい鍵盤クッションは必ず新品交換します。
  6. 鍵盤センサー部分もチェックしています。
  7. ペダル部分です。劣化しやすいパーツの交換をします。
  8. ペダルロータリーボリュームを新品交換しています。
  9. ピカピカにペダルを磨きます。
  10. 部品交換し、磨き上げ新品のように綺麗になりました。
  11. 鍵盤蓋クッションを取付ました。これにより、蓋を閉じる音が静かになります。
  12. 全てのチェック及びクリーニングが終了しました。